一級建築士事務所ベスト・プランニング

  1. HOME
  2. 建築現場レポート
  3. 厚木市H様邸 断熱材施工&内部施工2

建築現場レポートReport

厚木市H様邸 断熱材施工&内部施工2

ベスト・プランニングの衛藤です。

今回は厚木市H様邸 断熱材施工と内部施工の2回目をレポート致します。

1/28/2019撮影

上棟後、大工さんによって下地が作られた(内部施工1)のち、壁や屋根、土台の取合部などに断熱材が施工されていきました。断熱材はフォームライトSLを壁に100mm、屋根に260mm吹付けることを標準仕様としています。

フォームライトは断熱材の中では透湿性が高く、弊社の湿気逃がす考え方と合った断熱材です。特にモイスやダイライトと施工することで、躯体の一部で湿気が滞留することなく、外に逃がすことができます。

下の写真は二階の断熱材です。

ウレタン発泡断熱材は吹付けられた後、100倍に膨らみます。

壁の厚みを超えた断熱材は内壁の製作時邪魔となってしまうのでカットされていきます。

写真を撮るタイミングが遅くなってしまったので、天井ができてしましたが、奥側に少し確認できます。

屋根は260mm以上の断熱材を吹きつけ、夏の暑さを防ぎます。

太陽高度の高い夏は、屋根からの熱量取得が多いため、屋根断熱をしっかりしておかないと高気密/高断熱住宅では致命的になってしまいます。

断熱材を吹き付ける前に電気配線はある程度終えておきます。

コンセントボックスや配線が断熱材によって埋もれてしまうためです。少しでも気密性や断熱性を上げるためにこのような点にも配慮しています。

断熱材が施工された後は、天井を石膏ボードで覆い、更に床のフローリングを貼っていきます。

フローリングは仕上げ材ですので、大工さんも非常に神経を使いながら一つ一つ丁寧に床にとめていきます。

貼ったそばから養生用資材を置いているところからも神経の使っていることが分かります。

こちらは大工さんの作業場の様子です。

ここで石膏ボードを切ったり、フローリングを切ったりしています。

壁の石膏ボードは床を貼り終えた後に貼るために、まだ断熱材が見えています。

2/25/2019撮影

大工さんのお仕事が終わったらいよいよ内装仕上げになります。壁紙は石膏ボード間の小さな隙間やビスの穴などの凸凹をパテで2度埋めてから貼ります。

大工さんが後工程を気にしながら丁寧に下地を作っているので、壁紙屋さんはとても仕事がしやすいとのこと。壁紙を貼った後の出来栄えや、経年劣化に対しても丁寧な下地作りが大切です。

こちらは階段の様子。綺麗にパテで埋められている様子が分かります。

2階居室の壁紙は概ね完了していました。

ここまでくれば後は電気工事を仕上げるだけになります。

以上で厚木市H様邸 内部施工2回目のレポートを終えます。

次回はいよいよ完成です。内装施工の前後に行われた設備の完成もお届け致します。



各種お問い合わせ、見学会への事前予約などはこちらからお受けいたします。

0467-38-8145