一級建築士事務所ベスト・プランニング

  1. HOME
  2. 建築現場レポート
  3. 川崎市K様邸 完成

建築現場レポートReport

川崎市K様邸 完成

ベスト・プランニングの衛藤です。

今回は川崎市K様邸の最終回、完成のレポートをお送りいたします。

K様邸の特徴は何といっても2階リビングに設けられたペレットストーブです。


2/19/2019 撮影

まず玄関の様子です。前回のレポートから大きく進みました。

階段下は中央で仕切り、玄関側からは玄関収納、廊下側からは廊下収納としました。

階段はコンパクトながらも開放感を出すために最初の4段がひな壇になっています。

まだ玄関にはタイルが貼られていません。タイルは最後の施工になります。

次は手洗い付きトイレです。

トイレは陶器でできているTOTOかLIXILをおすすめしています。

K様邸では弊社標準仕様のTOTO製のものを採用頂きました。

(Panasonic;アラウーノも取り扱っています。)

1階の寝室は外のガレージと接しています。

車が好きな方はガレージを見ながらお酒を頂いたり、掃き出しからで出てすぐに車いじりができたりと生活に自動車が密接になります。

1階から2階への階段はこのような様子になっています。

階段では抜け感がない代わりに、対比的に2階リビングの空間の広がりが強調されます。

コンパクトな間取りではこういった手法も有効です。

階段を上がると暖炉を中心としたリビングの空間があります。

冬はお酒を飲みながらストーブの火を眺めたり読書をしたりする、とこれは私の勝手な想像ですが、そんな隠れ家的な雰囲気を持つリビングになりました。

こちらはLDKに設けたパントリーです。

台所には収納を付けず、台所用品や食品を隠す収納になっています。

棚は現場監督のお手製の可動棚となっています。使い勝手も良さそうです。

こちらは2階のキッチンです。

キッチンの機能を壁側に全て寄せてすっきりとさせています。

採光も十分ですね。

こちらは脱衣・洗面所です。

TOTO製の幅750、三面鏡付きの洗面です。

洗面は間取りや家族構成に合わせて様々なタイプのものがあります。

用途に合わせてご提案をしております。1階2階両方につける方も多くいらっしゃいます。

次は2階から小屋裏に続く階段です。

階段を昇っていくと・・・

このような小屋裏空間が現れます。中央には構造材の柱(化粧柱)が見えます。

天井高さは低く、収納中心に使う用途で作られました。

奥には小さな窓が設置されています。すべりだし窓になっており採光・差風もできます。

ピクチャーフレームの様に外の景色を取り込めていることも分かります。

こちらは2階寝室です。天井に杉板を貼ったことで、他の部屋とは異なった雰囲気を醸し出しています。収納には使い勝手のよい三連引き戸を設けました。

最後に外観です。延床面積は比較的小さいですが、外観はかなり堅牢な雰囲気があります。

K様邸の気密測定の結果は、C=0.5[cm2/m2]でした。安定して0.5以下を計測しています。

K様には打ち合わせの度に綾瀬市までお越し頂いて、間取り等のご希望についていつも熱く語って頂きました。高い性能の家で、ご家族の皆様が快適に長生きして頂くことをお祈りし、本レポートを終えたいと思います。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。



各種お問い合わせ、見学会への事前予約などはこちらからお受けいたします。

0467-38-8145