一級建築士事務所ベスト・プランニング

  1. HOME
  2. 建築現場レポート
  3. 川崎市K様邸 基礎及び土台

建築現場レポートReport

川崎市K様邸 基礎及び土台

ベスト・プランニングの衛藤です。

今回から川崎市K様邸の建築レポートを開始致します。

初回は基礎及び土台です。

10/30/2018

既に4か月前になってしまいましたが、10月下旬から基礎工事が開始されました。

まず基礎は遣り方といって、建物を建てる敷地の位置、高さを出して、囲うところから始まります。

その後基礎を作るために少し掘りこむ「根切り」を行います。

こちらは根切りが終わった後の様子です。

外周部は基礎が深くなっているので掘りこんでいます。

この後は砕石を引き、周囲に捨てコンクリートを実施します。

次の写真は地鎮祭で神社より授かった鎮物を埋めている様子です。

良い家が建ちますように、無事に工事が終わりますように!とお願いしながら設置します。

11/5/2018

こちらは配筋が終了し、配筋検査を受けている様子です。

手前にはせき板(コンクリートが外に流れない様にせき止める板)とそれを押さえる支保工が見えます。

鉄筋はピンコロと俗に呼ばれる石で浮かし、地面と隙間をつくることで、鉄筋がしっかりコンクリートにかぶるようにします。

こちらは底盤と立上りのコンクリートの様子です。

ところどころ上ににょきっと生えているのは、アンカーボルトとホールダウン金具です。

アンカーボルトは基礎が作られた後土台と締結され、家にかかる主に水平荷重の一部を伝達し、基礎と土台が離れない様にします。

11/19/2018撮影

土台敷きが終了し、1階の資材が搬入された状況で撮影を行いました。

先ほどの写真に写っていたホールダウン金具が手前に見えます。

この金具は今後躯体の柱と締結され柱の上向き荷重(引張荷重)を基礎に伝達します。

アンカーボルトは土台と既に締結されて金具の頭(埋め込みのナット)だけが見える状態ですね。

土台敷きでは大工さんと現場監督さんが基礎パッキン(写真で黒く見えている土台と基礎間のパッキン)と土台を加工して設置していきます。

基礎の立上りがない部分は、束(つか)を立てて、大引きという床を支える部材を設置していきます。

K様邸の基礎、土台に関するレポートをこれで終わります。

次回は上棟についてレポート致します。



各種お問い合わせ、見学会への事前予約などはこちらからお受けいたします。

0467-38-8145