一級建築士事務所ベスト・プランニング

  1. HOME
  2. 建築現場レポート
  3. 綾瀬市K様邸 吹付け断熱施工

建築現場レポートReport

綾瀬市K様邸 吹付け断熱施工

新年、明けましておめでとうございます。

ベスト・プランニングの衛藤です。

今回は綾瀬市K様邸の壁及び天井の吹付け断熱施工についてレポート致します。

10/22/2018 撮影

まずは1階の開口部周りの断熱材です。

弊社ではフォームライトSLという現場発泡ウレタン断熱材を使用しています。

吹付け硬質ウレタンフォーム A種3というカテゴリの断熱材で、吹付け硬質ウレタンフォームの中でも比較的透湿性が高いものを使用しています。

写真正面は筋交い部分に吹付けた断熱材の様子を示したものです。

ここは両筋交いが入っているようですが、吹付後には奥側の断熱材が見えなくなっています。

こちらは柱、筋交いのほかに内装品を取り付けるための下地も見えています。

交差部分の細かい隙間もしっかり埋めてくれることは、発泡ウレタン断熱材のメリットの一つです。

下の写真は洗面所回りの断熱材です。

下方に水道配管と中央部にコンセントボックスが見えています。

こちらはユニットバスが設置される予定の内壁面です。

壁面にも土台との取り合い部にもしっかり断熱材が施工されているのが分かります。

土台部分に吹付けた断熱材の様子はこのような感じになっています。

基礎部分はピンク色の板状の断熱材(カネライトフォーム)を使っています。

2階居室の吹付け断熱施工後の様子です。

内壁面(柱の屋内側面)より出てしまった断熱材、つまり120mm以上吹付けられた部分は、石膏ボードが貼れなくなってしまうのでそぎ落としています。

屋根の断熱の様子を小屋裏から撮影してみました。屋根は標準仕様では260mm吹付けています。

夏場の屋根からの日射取得を防ぐためには、屋根の断熱材の厚みをしっかり確保しておくことが重要と考えます。

断熱材についてのレポートはこの辺でおしまいです。

番外編として天井がどうなっているかご質問を受けることが多いので、天井を撮影してみました。

このように24時間換気(今回は1種換気)のダクトや、電気配線が通っています。

天井高さを上げたい場合はこの空間を狭くすることも一つ考えられますが、このように配線、配管や換気設備本体が格納されるため、限度があります。

以上で綾瀬市K様邸の断熱材施工のレポートを終えます。

次回は内部施工の2回目についてレポート致します。



各種お問い合わせ、見学会への事前予約などはこちらからお受けいたします。

0467-38-8145