一級建築士事務所ベスト・プランニング

  1. HOME
  2. 建築現場レポート
  3. 川崎市N様邸 基礎

建築現場レポートReport

川崎市N様邸 基礎

ベスト・プランニングの衛藤です。

本日から川崎市で建築を実施したN様邸についてレポートをしていきたいと思います。

N様邸は駅近の広い土地をお客様が購入され、その土地に建築を実施しました。

それでは早速レポートを進めたいと思います。

8/6/2019 撮影

もうすでに1年も前になりますが、基礎が着工致しました。

まず、基礎の初めは遣り方といって、土地の中に建物の位置を出すところから始まります。写真で基礎の周囲に見える木の板がそのための材料です。

次に根切りといって、基礎の外周を掘りこむ作業になります。掘りこんだ場所には捨てコンと呼ばれるコンクリートが打設されます。

その後下の写真の様に外周部にせき板を設置し、内部に配筋を行います。配筋は既に事前に溶接されたものを組み合わせていきます。溶接の品質が確保できないため、基本的には現場溶接は行いません。弊社ではφ13mmの太い配筋を使用し、強度を高めています。

また、N様邸では床下エアコンを採用頂いておりますので、配筋の下に断熱材を敷きこんでいます。

配筋が終わったら、底盤と立上りの2回に分けてコンクリートを打っていきます。写真は1回目のコンクリート打ちが終わって、立上り部のコンクリートを打っているところです。基礎立上り部の断熱材(45mm)もコンクリートと密着させるため、このタイミングで設置がされていきます。

基礎の立上りのコンクリートが打ちあがった後は、下記の写真の様な状況です。この後、コンクリートを綺麗に清掃し、防塵塗装を施していきます。防塵塗装は床下エアコンを採用した際に、基礎底盤に落ちた埃が舞いにくいようにする目的で実施します。基礎の上面から突き出ている棒は、アンカーボルトと言って、コンクリートの配筋と締結された金物です。土台や柱と締結することで、土台の横ずれや柱の引き抜き力に耐える役割があります。

防塵塗装後の写真が下記です。すっかり綺麗になりました。防塵塗装はするのですが、室内の木工事中に床下には大量の粉塵(主に木材)が溜まります。弊社ではお引渡し前に可能な限り清掃をしてお引き渡しをしています。お客様のメンテナンスは床下エアコン周辺の基礎を3年に1回くらい掃除機で吸って頂けれは大丈夫です。

床塗装が終わったら、次は外周に黄色の養生を行います。建築の最中に飛び落ちてしまう塗装や粉塵から敷地を保護するために敷きます。この後、大工さんと現場監督により土台が敷かれていきます。土台を敷いた後、1階の資材を搬入し、外周部に足場を組んで上棟前の準備は完了です。

以上でN様邸の基礎工事のレポートを終えます。

次回はいよいよ上棟の様子をお届けいたします。



各種お問い合わせ、見学会への事前予約などはこちらからお受けいたします。

0467-38-8145