一級建築士事務所ベスト・プランニング

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 換気システムを考える

ブログBlog

換気システムを考える

換気システムのメンテナンスとエネルギーのセミナーに行って来ました。
最近、換気システムに興味を持つお客様が増えてきたこともあり、私たちも日々、勉強しております。日本では2003年シックハウス対策として24時間換気が義務づけられました。建物の気密化が高まり自然換気量が少なくなったので強制的に換気しようというものです。

ベスト・プランニングでは、良い住まいに大切なことをこんなイメージで考えています。
まずは建築物としての安全な構造です。そして快適で健康的に暮らす為の性能として、断熱、気密、換気が加わります。
断熱は、住まいとして快適な温熱環境をつくるのに大切です。
海外に後れてはいますが、日本も住宅の高断熱省エネ化が進んでいます。
換気は、良好な室内環境をつくるのに大切です。
汚れた空気の交換はもちろん、特に寒い地域では結露対策として重要です。
気密は、隙間風を無くすことで、断熱性能を確保します。また、しっかりと気密化された建物では、換気計画もうまくいきます。
この3つはセットで考えます。

今回のセミナーでは、「換気部材はお掃除(メンテナンス)しないと計画した換気量が大きく変わってしまいますよ。だから手入れしやすい事が大事です。」という内容でした。
それとエネルギーの考え方。消費エネルギーが上がっても省エネになることがある「比消費エネルギー」とうい考え。比消費エネルギーという言葉をつくった高知工科大学、田島先生の講演内容はとても興味深く考えさせられるものでした。田島先生の顔を見て、3年前に自立循環型住宅設計講習会でお話しされていたのを思い出しました。

今回のセミナーを主催した日本住環境株式会社の第3種換気「ルフロ」のパンフレット。
自然吸気、ダクト集中排気システムです。メンテナンス性をアピールしてますね。新しくなったルフロはお風呂の換気もできるようになっています。今後、採用もあるかもしれない商品だと思っています。まずは見積もりをもらおう。価格は重要ですからね。

最近の記事

2018.03.17

【最終週】エアコン1台で?! あったか体感フェア!

2018.02.11

【イベント】沢山のご来場ありがとうございました。

2018.01.05

明けましておめでとうございます!

2017.12.09

換気システムを考える

アーカイブ



各種お問い合わせ、見学会への事前予約などはこちらからお受けいたします。

0467-38-8145